大輪の花 music714.exblog.jp

最近、全然ブログ更新できてませんが、温かい目で見守ってください!


by favorite-music
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

奥田民生 生誕50周年伝説 となりのベートーベン@12/22 東京国際フォーラム。

今年前半はサンフジンズ、
そして、川西さんが倒れて
ABEDONと頑張った夏フェス、
秋コレ、マツダスタジアムときて、
昨日は、今年の集大成的な
となりのベートーベン。
a0086973_15241609.jpg


いやあ、ほんまに良いものを見せていただきました。
マツダスタジアムのときは、
もう民生さんの一人の力量で、
魅力を見せつけられる感じだったけど、
ベートーベンは人の力を借りて、
というか、
民生さんを好きな人たちが、
民生さんの魅力を引き出してくれる。
そんなイベントでした。

ずっと、「おめでとう、おめでとう」と言われまくって、
ちょっと照れくさそうでしたけど(笑)。
50歳yearも、あと少しだもんねー。

今回のライブ、
かなりたくさんのゲストが発表されていたから、
どんなライブになるんやろう?
ってずっと考えてたんやけど、
想像以上に楽しかったね。

最初に、このイベントを企画した、
斎藤有太さんから挨拶があって
(民生の音楽をずっと聴いてくれてたみんなへのプレゼント、ですって! 感動!!)、
まずは、民生を紹介。
民生は、
「今日は、僕が歌わなくてもいいんで」
って、ちょっと嬉しそう(汗)。

そこで、最初のゲストを紹介。
一番手は、
OKAMOTO'Sのオカモトショウで「マシマロ」。
ちなみにバックバンドは、
民ソロバンドの初期メンバー。
ベース根岸孝旨、ドラム古田たかし、ギター長田進 。
有太さんは、民生と同様に、
ずっとステージに出っぱなしだった。
ショウくんはまあ、
民生のかわいい後輩やから。
最初にステージを盛り上げてくれたね(笑)。

で、そこからは、
ゲストが次のゲストを紹介していくスタイル。
二番手は、浜崎貴司で「野ばら」。
なかなか、味があってよし。
浜崎さんが、
「最初の挨拶で、民生くんが珍しくマジメなこと言ってるなー、おかしくなったのかなーと思ったら、
有太くんやったわ」て。
ヒドイ(笑)。

3番手は、うつみようことLeyonaで
「悩んで学んで」。
選曲よいけど、
Leyonaの足が美脚(笑)で、
そこばかり見てもた。

4番手は、岸田繁で「The STANDARD」。
いやあ、岸田くん!
この曲ハードル高いよ(笑)。
声が…厳しいよね。
岸田くん、歌い上げるタイプじゃないから(汗)。
でも、先輩のお祝いに歌いたかったんやろなあ。
あと、Leyonaの岸田くんの紹介の仕方が、
岸田のくるりくんて。
ちょっとかわいいけど。
しばらく友人と、
岸田のくるりくんにハマってた。

5番手は、八熊慎一で「愛のために」。
やっくー!その選曲なんやの!!
めちゃいいやん。
ヤックにもあってるし、
愛のためにが良い曲だっていうことを、
再認識したよ!
最近のライブでは、
ほとんど聴かないからね。
しかも今回のライブの中で、
一番わちゃわちゃしてたような。
仲良しさん(笑)。

6番手は、吉井和哉で「手紙」。
これもねー、選曲が良かった。
吉井さん、
周りからずっと「なんで手紙歌わないの?」って言われまくってたらしく←そのときの民生のツッコミが、カラオケで?って(笑)。
そんだけ言われて歌っただけあって、
すごい良かったし、
ハマっててんけど、
友人は照明がおかしくてツボに入ったらしく、
ずっと笑ってた。
えー、いい感じやったやん。

ここで、前半が終了。
「チェンジ!」
という民生の一声で、
バックバンドが交代。
次は最近の民ソロバンドで、
ベース小原礼、ドラム湊雅史。
初期の方が音は太かった気がするな。
よー考えたら、
ギター二人やったんやもんね。

後半の一番手は、
お待ちかね和田唱で「夕陽ヶ丘のサンセット」。
良い曲やけど、私がすぐにピンとけーへんかってん(汗)。
ギターを持って出てきて、
やっぱり、ギターを弾いて歌う姿は好き!
ちょっと民生と、
セッション的な感じもあったしね。
民生もなにげに楽しそうだった。
やけど、友人に衝撃的なこと聞いたからなあ。
声フェチの私の前で、
そんなこと言うなや←和田唱がやで。

二番手は、草野マサムネで「スカイウォーカー」。
やってんけど、和田唱の紹介の仕方が、
僕と血液型も星座も一緒なんだけど、
評価が全然違う人ですね、
って、比べるとこちゃうでー(笑)。
マサムネさんの選曲がさすが。
スカイウォーカーのふんわりした感じが、彼にとてもあってましたね。
楽屋ではYO-KINGと、
アンチエイジング話に華が咲いていたらしい(笑)。
マサムネさんも、そんなお年ごろですなー。
しかし、前のチャウ大のときも、
2人そんな話ししてなかったっけ??(笑)。

3番手は、真心ブラザーズで「息子」。
この確かな選曲にもくすぐられるが、
YO-KINGの安定感。
何を歌ってもYOさま節になって、
しかも、
幸せな気持ちに包まれるのがすごいわ。
桜井さんは、
控えめにギター。
地球三兄弟が揃った瞬間やね!

4番手は、トータス松本で「明日はどうだ」。
私、この曲好きなんす!
前向きになれるから。
トータスはやっぱ声量があって、
国際フォーラムにも負けてなかったね。
うん。
赤いスーツを着て出てきて、
「派手すぎる!目が痛い」と、
民生に突っ込まれてましたがf^_^;)。
お祝いやんね(笑)。

ここからは、大御所コーナー。
まず、5番手は仲井戸”CHABO”麗市で「人間」。
これがまた、
有太さんから勧められて
決めたって言ってたけど、
選曲ぴったり。
本当に、人間味あふれる渋い感じ。
若干、民生もキンチョー気味(笑)。

6番手は、Charで「あくまでドライブ」。
紹介のときにCHABOさんが、
民生とのギター競演を楽しんで!
と言ってたけど、まさにその通り。
歌もさることながら、
ギターがヤバイ!
さすが、としかいいようがないくらい、
格好良かった。
民生に背中を貸す的なね。
charさん、
ようこそオトナな世界へようこそ
って民生に。
50歳で、酒もタバコも解禁て(笑)。
かっこいい先輩やなー。
代々そうやって、
引き継がれていくんやね。
charさんに憧れた民生が、
和田唱やオカモトショウくんに憧れられる的な。

そこで、
ゲスト一人一人のコーナーが終了し、
全員が出てきて、
「イージュー☆ライダー」。
これも良かったよ。
吉井さんは、
自分のときすごい緊張してたらしく、
なんかのびのびしてたし。
民生って、みんなに愛されてるなあ、
と実感した瞬間です。
前半は、
ギターとコーラスしかしてないけどね。

第2部は、
総勢45人のオーケストラとの初競演。
それはまた、次のブログで!

ロビーには、
こんなんや
a0086973_15241705.jpg

こんなんもあった。
a0086973_15241797.jpg



[PR]
by favorite-music | 2015-12-23 14:07 | 音楽音楽