大輪の花 music714.exblog.jp

最近、全然ブログ更新できてませんが、温かい目で見守ってください!


by favorite-music
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Golden Circle Vol.16 ジュンスカ×ユニコーン@日本武道館。

はるばる~。
行ってきましたよ、東京まで。
だってもう、行くしかないでしょ。

ということで、水曜の午後と木曜の午前にお休みをとり、
東京に行ったということが信じられないくらいの、
強行スケジュールで行ってまいりました~。

水曜の午前中は、ぎりぎりまで仕事。
だったんで、めっちゃあせって新大阪駅に向かったのですが、
余裕やん(笑)。
14:40の新幹線にのって、到着したのは17:30。
ライブは18:30からなんだけど、
とりあえず、一度ホテルへと向かう。
JR東京駅から歩5分のくせして、
しっかり迷う。
ま、お約束ですから。

なんとかチェックインし、一瞬だけ部屋に行って荷物を置き、
日本武道館へ。
しかし、八重洲口から地下鉄丸の内線まで、
遠すぎる。
どんだけ、歩かせるねん。
歩いても歩いても、地下鉄の駅ないねんもん。
まったく、東京って(笑)。
a0086973_2212123.jpgなんとか、18:10くらいに地下鉄の駅に到着し、
そこからは、九段下駅まではすぐ。
電車に乗ってる時間は、10分くらいだからね。
歩いてる時間の方が、長いっちゅうねん!

ぎりぎりに席に着き、ほっとしたら、このイベントのホスト
寺岡呼人氏が登場。
この人、いつみても変わらへんなあ。
Golden Circle自体にはずっと興味があったんで、
一度見れてよかったかも。
ちなみに、このイベントは縦のラインを重視していて、
呼人くんを中心に、先輩と後輩が一緒にライブをする
のがお決まりなのだとか。
今回は、初の対バン!
どうなることやら、と思っていたら、
ステージに、オープニングアクトのOKAMOTO’が登場しました。



OKAMOTO’Sとは、なんだかんだと縁がある。
まあ、ソニーだからね。
今回の席も、ステージの真横だったんで、
わりとしっかりステージが見えました。
しかし、最近はサイド席に縁があるな。

OKAMOTO’Sは3曲ほど演奏。
で、トップバッターは誰かと思ったら、
なんと、ホストの寺岡氏が所属する
JUN SKY WALKER(S)。
ホストだし、トリなのかと思ったのに。

とにかく、前日のライブが3時間超えだったということで、
最初から、「今日は、巻きで行くよ」
と宮田和弥(←なんかこの人、フルネームで言っちゃう)。
でも、前日はこの人のMCが長かったために、
おしたとか、おさなかったとか(笑)。
そして、私にとっては、
十何年か振りのジュンスカ。
たぶん、当時はあんまりチケット取れなかったと思うんですよ。
人気あったんで。
で、久々に聴いたら、う~ん、変わらん。

演奏曲は、
歩いていこう
START
休みの日
素敵な夜空
シンフォニー
全部このままで
マイジェネレーション

素敵な夜空の時には、
よっちゃんと奥田さんが出てきて、コラボ。
よっちゃんはボーカル、奥田さんはギターを弾いてました。
で、宮田和弥が「もうちょっと絡もうよ」みたいなこと言って。
奥田さんにしっかり、
「あんたがしゃべりたいだけでしょ」と突っ込まれてましたけど。

昔の曲はもちろん懐かしいし、いい歌も多いんだけど、
私の中でもっとも響いたのが、新曲の「シンフォニー」。
この曲が、一番音がいい気がした。
宮田和弥のMCは長いけど(確かに、ちょっとウザくなるときも)、
たぶん、ものすごく熱い男で、いろんなことを考えているんだろうね。
バンドのこととか、ファンのこととか、日本のこととか。
ときに、そゆことを口に出すのは恥ずかしい気もするけど、
彼は、照れることなく口にする。
そゆとこはね、好感が持てるかもしれない。
こんな熱い男、やっぱり必要なのかも(笑)。
私の隣にいた女子は、ジュンスカファンだったんですが、
特に、宮田和弥のファンだったみたい。
だって、呼人くんが出てきても何の反応ないけど、
彼が出てきたら、必ず立ってたからね。

2番手は、予想通りユニコーン。
登場のSEが「スカイハイ」だったけど、
それは、スカイさんを意識したのか?

演奏した曲は、
頼みたいぜ
Wao!
さらばビッチ
HELLO
SAMURAI5
大迷惑

SAMURAI5の時には、スカイさん全員がステージに。
ってか、この日奥田さんがやたらと、
ジュンスカのことをスカイ、スカイって言ってて。
たぶん、ジュンスカイウォーカーズっていうの、
長いから面倒くさかっただけだと思うんだけど。

で、SAMURAI5はそのスカイの宮田和弥がボーカルを。
うん、意外に声あってる。
途中、「あなたのスピード、やばくな~い」のくだりでは、
スカイさん全員に、話をふるよっちゃん。
呼人くん(この人はくん付け)、宮田和弥は普通のこと言ってたかなあ。
小林くんはやっぱり下ネタ。
そうだった、そうだった。
この人、下ネタ好きだったわ、昔から(笑)。
で、結局、
「和弥のMC長くな~い」で締めることになったんですが、
いや、このくだり、めちゃおもしろかったです。
昔のジュンスカとユニコーンを、垣間見れたような気が…。

しかし、晴天ナリ、は絶対やると思ってたのになあ。
この日は、HELLOだったのね。
あ、あと「武道館っていい場所だよね」って奥田さん言ってたけど、
確かに。
大阪城ホールより、こじんまりとしていて。
天井の感じとか、雰囲気ある。
なんだろ、うまくいえないんだけど、
すり鉢状で、広いんだけど一体感が感じられるような。
うん。

トリはもちろん、子供ばんど。
呼人くんも、奥田さんも、若い頃から、
あこがれてやまなかったバンドとか。
私も名前は知ってて、
うじきつよしがボーカルってことも知ってたけど。
あんまり、ライブしてるところとか見たことなかったんだよね~。
いやあ、すごい。
がんばるおっさんって、素敵です。
それに、全員がめちゃ弾けてる(笑)。
彼らも、今年から何年か振りに活動を再開していて、
イベントに出てもらうにも、ちょうどタイミングが良かったのだそう。
リスペクトしている人と一緒だと、
奥田さんの楽しそうなこと、楽しそうなこと。
昨年のヤックとの共演依頼の、満面の笑みを見ましたわ(笑)。
だってホントに、ギター弾いてる姿が幸せそうなんだもん。
その姿を見れただけでも、東京行ってよかったかなあ。

子供ばんどのライブ途中から、
もうこの日の出演者が全員ステージに集まって。
えらいことになってました。
だって、ラストの曲のときとか、
川西さんまで、ギターを持ってましたからね。
いや、あなた、ドラマーなのでは?
そんな川西さんも含め、総勢何人だろ。
ドラムを叩いていた2人を除いて、
15人近くのおっさんが、ステージ前面に並んで
ギターやベースを弾く。
その姿は、とにかく圧巻!
いやあ、いいもの見たわ。

奥田さんはもちろんなんだけど、
ほかのメンバーも全員、いい顔してる!
ステージ上が楽しけりゃ、
見ている私たちも当然楽しくなるワケで。
もう、何の曲やってるのかよーわからんかったけど、
とにかくみんなが笑顔でした(笑い。

3時間近くのライブが終了し、
大満足で九段下の駅に向かおうとしたら
すごい人。
ほとんど全員が、地下鉄で帰るのね。
だから、地下鉄の入り口に一斉に集中。
いやあ、時間かかりましたわ。
やっとのことで東京駅に到着し(ま、電車に乗ったら早いけど)、
それから、1人で飲みに行くにも店が分からないし、
しょうがないので、
また、丸の内線から八重洲口までひたすら歩いて
(帰りは、も少し近く感じました)、
ローソンで、ビール&焼きうどんなどを購入してホテルへ。
その時点で、すでに11時回ってた。
いやあ、疲れましたな。
ビール2本飲んで、お風呂に入ったら、
深夜を回ってて。
いやいや、明日は午後から普通に仕事だし。
早く寝なくちゃ、おやすみなさ~い。

翌朝、午後から仕事があるんで、
10:00の新幹線で大阪へ。
う~ん、いい天気。
最近、音楽を聴きながら歩くのに凝ってるんで(走ってもいいけど)、
時間があれば、スカイツリー周辺あたりを散歩したかったです。
ってか、マジで時間なかったけど。
それは、新大阪に着いてからも同じで、
お昼を食べる時間もなく、会社に直行!
何やかんやとバタバタしていて、
家に帰ったのは、22:00近く。

いやあ、お疲れ様でした。


でも最近、
1人でのライブ遠征にも慣れてきました。
違う土地に行くって、楽しいよね。
[PR]
by favorite-music | 2011-10-29 20:48 | I Love UNICORN♪