大輪の花 music714.exblog.jp

最近、全然ブログ更新できてませんが、温かい目で見守ってください!


by favorite-music
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやってくる ZZZ…@大阪城ホールニ日目。

いよいよ来ました、ツアーラスト。
いやあ、このツアー、グランキューブ大阪からあわせて、
6回も足を運んでしまいました。
それがもう終わるかと思うと、
寂しくて、寂しくて(泣)。

ライブの前に、苦手な上司とのイヤな面接が待っていたんだけど、
それをもう、ほんとにさっさと終わらせて、
18:00頃会社を出発。
会場に着いたのは、約15分前。
会社でしっかり、ユニTに着替えて行きましたとも。
何度も言うけど、最後ですからね。

今回のツアーを初めて見る友人が、
「グッズが見たい」というので、売場へ行く。
そこでまた、お金もないのにミトンをかってしまう。
う~ん、散在。
マジで。
かわいいからいいけど。

ラストの席はスタンドだったんで、そんなに期待してなかったんだけど、
ほんとにめちゃいい席でした
だって、てっしー側のステージの真横。
これがまた、花道を歩いてきてくれると、
メンバーが、めっちゃ近いンですよ。
あまりにも近すぎて、私も友人も、
ちょっと、倒れそうになりましたけどね(笑)。



フラカンや清志郎さんの曲もかかりつつ、
始まるのを待っていると、約8分くらい遅れてライブがスタート。
1曲目はもちろん、「ライジング・ボール」。
この曲、「Z」で初めて聴いたときから、めちゃ好きで、
しばらく生で聴けなくなるなあ、と思うといつもより真剣に聴いてしまう。
続いて、「頼みたいぜ」「ハヴァナイスデー」と続き、
奥田さんはハンドマイクで、私たちの目の前へ。
こんなに近くで、奥田さんを見たことないかも!
最初のピークが、ここでやってきました!
感動1。
最初のMCではもうね、
長い長いツアーが、終わってうれしい的な。
さみしいじゃないですよ、うれしいですよ(笑)。
楽屋でハエを追っかけたりする人と、一緒にいなくても良くなるし的な。
会場から「それ誰~」という、やっぱりな声が飛び、
「しとめました」と川西さん。
ん、もう。かわいすぎる♪
一瞬、川西さんのバースデーの話になりましたが、
びみょーにスルーしてましたね(笑)。
52歳、おめでとうございます。

「手島いさむ物語」では、てっしーが華麗に宙を舞い、
「BLACK TIGER」では、EBIさん華麗に宙を舞う。
「WAO!(もとい、全米ナンバーワン)」では、2人揃って宙を舞う。
宙を舞ったことで、てっしーに「背が縮んだ疑惑」が発覚。
本人は、かなり否定してましたけどね。
某芸人のリクエストから歌い始めた(と私たちは勝手に言ってる)、
「Maby Blue」は懐かしすぎて、友人、ちょっとうるっとしてました。
でもやっぱり、この曲はそんな感動の曲なのかなあ。
私も嫌いじゃないけど、今はいい。
そんな気分。
「レディオ体操」では、あのキュートな人形に釘づけで。
でもこの曲、映像や歌詞以上に実は曲がカッコイイんですよ、
マジで。
そして、いいことを歌っていたりするしね。
「こころひらけ」って。

EBIさんが1人で歌い始める「いちじく」では、
途中、メンバーがダンボールの楽器を持ち、
♪えんやーどっとー♪と言いつつ登場するのですが、
アリーナツアーの間ずっと使い続けている楽器は、
もう、どうなってもいいんですね、きっと。。
曲が終わった瞬間、みなさんホッとした様子でしたもん。
「水の戯れ~ランチャのテーマ~」も、この楽器の雰囲気に合ってるし、
奥田さんが歌うのもいいけど、EBIさんにもあってるよね。
ってこれ、EBIさんの曲だし。

その後は言わずとも盛り上る、「パパは金持ち」。
ここからしばらく、奥田さんのドラムコーナーが続きます。
このツアーでは、奥田さんもガッツリドラムを叩いていて、
歌う姿同様、その姿も素敵なんです。
曲の間で、ひとリひとりソロを演奏する場面があるのですが、
昔のアルバムに入っていたときの雰囲気を残しつつも、
やっぱり、今のほうがうまいわけで。
ただ、川西さんのドラムソロが、
名古屋→広島→大阪一日目→2日目と、
どんどん長くなってる気になりましたけどね。
もちろんステージが近かったので、
ドラムを叩く川西さんをガン見。
その後にドラムソロを披露する、奥田さんもね。
いやあ、かっこいいわ♪

「君たちは天使」では、またEBIさんが宙を舞う。
今度は、エビフライの姿で。
そういえば、最初の頃は人魚だった気がするよね。
♪僕って?僕って? エビフライ♪
というくだり、耳にのこってしゃーないです。
もともと、EBIさんの「君たちは天使」大好きだったからね。

ここでいったん盛り上って、「めだかの格好」。
そう、川西さん、てっしー、EBIさんが三人四脚で登場します。
その前に、アルバムでもあったけど、3人のこそこそ話みたいなのがあって、
1日目は、串カツの話してたかな。
2日目はたぶん、エビフライももう最後だね。エビフライになってもカッコイイね
という話をしてたような。
カッコイイ、と言われて否定しないEBIさん。
う~ん、素直すぎる。
このこそこそ話は、よっちゃんが曲を始めるまで、永遠に続く…。
この日はラストだからか、長かったな~。
しゃべってる本人たちが、「いつまで続くの?」って言ってたもん。

前回のツアーから始まった、甲殻類さんのコーナーはこのツアーでもあり。
まずは、ラップにアレンジされた「ブルース」でカッコよく登場し、
「さらばビッチ」へと続く。
川西さんもEBIさんも花道にめっちゃ来てくれるので、
これまた、近くでお顔を拝見することができました。
感動2。
「さらばビッチ」は、歌ったり楽器弾いたりで忙しいんだけど、
曲は渋いし、よっちゃんのギターもいい。
「オレンジジュース」「HELLO」と続く流れが、
聴けば聴くほど、かっこよさが際立ちます。
あんまり「Z」を聴いてなかった友人も、
「オレンジジュース」はカッコイイって言ってた。
最後の(ツアーではね)「HELLO」も、しっかり目に焼き付けときました(笑)。
「Z LIFE」では、この日初めて「Z」のフリをしてみる。
3歳からピアノを習っている?奥田さんも、
弾きながら「Z」ってやってたしね。まあ、つられてね。

その後、1日目は「大迷惑」で盛り上がり、
2日目は、なんと6人目のメンバー
しーたかさんが登場。
つなぎの衣装&帽子、似合いすぎ。
おととしの50祭に続き、再び奇跡の和解を終え、
始まったのが「ヒゲとボイン」。
ラストの一つ前は、この2曲のどちらからしい。
哀愁ある歌詞と、迫力あるドラムの「ヒゲボ」。
いいよね。
本編ラストは、「デジタルスープ」。
前の画面に歌詞が出ると、なきそうになるのは私だけ。
なんかさ、いい歌詞すぎて。

ふう。あまりにも長い文章書きすぎて疲れてきた(笑)。
あと少し、お付き合いください。

アンコール1曲目は、何度も言ってますが
「手島いさむ大百科」。
DJ・TESHIMAを盛り上げるべく、ほかメンバーがミニマムな楽器を演奏します。
そしてこの日、ツアーで初の奇跡的な出来事が!
このコーナー内での、よっちゃんとてっしーの絡み。
え?初めてだったの?
Sの奥田さんが、いっつも先に突っ込んじゃうのね。
このときだって、てっしーに
「こっちくんな」とか「早く答え言えよ」とか言ってたし(笑)。
うお~、てっしーがんばれ。ラストだよ。

2曲目は、「SAMURAI5」。
いつも、傷だらけのアンパンマンもとい、阿部義晴さんが登場するのですが、
ん? なんか、アンパンマンの顔、ぼろぼろ過ぎませんか?
それも、ラストだからですか?
「顔がいたいよ~、力が出ないよ~、新しいパンを焼いてくれよ~」
と、奥田さんによっていくよっちゃん。
その角度が、奥田さん的にかなりおかしかったらしく、
爆笑!
かろうじて、「新しいパン焼くよ↑」といったものの、
出てきたのは、カレーパンマン(たぶん)。
「これ、違うよね。もう一回、パン焼いてくれよ~」と
よっちゃんは奥田さんに迫っていくんですが、
奥田さんは笑いすぎて、倒れこむ始末。
一向に、新しいパンが焼けないのです(笑)。
やっとのことで、力がでる新しいパンが焼きあがり、曲へ。
「やばくな~い」のくだりも、奥田さんもう、笑いすぎて、
なんていってたか、私も忘れてしまいました。
でもとにかく、楽しすぎたことだけは覚えてる。
私も、友人と大爆笑してましたもん。
それとね、私の席からスタッフさんの様子が見えるのですが、
全員がね、旗を持って振ってたんですよ。
それを見たときもね、いつもはどうだか知らないのですが、
何だかラストっぽくて、感動3。

最後の最後は、「晴天ナリ」。
初めて聴いたときから、前向きになれる曲で
大好き。
奥田さん、前の曲で笑いすぎて「腹筋無理」って言ってたけど。
やっぱり、身動きできないほど感動4。
ホントは、外で一度聴きたかったんだけどなあ。
♪晴れやかにススメ♪って言われると、
今がものすごくイヤすぎても、進んでみよっかなって思える。
大きく、高く、しなやかにね。

確かに今、ほんとに嫌なことがありすぎて。
でも、「私の夢って何?」と考えてみたら、
たぶん、80%くらいはかなってる。
自分のやりたいことができているはずなんだけど、
でも、人間関係とかノルマとかいろいろあって、
やりたかったことも、楽しくなかったりする。
そんな思いを抱えているときにこれを聴くと、
がんばれるんだよね。
休職中の彼女に、聴かせたい。

まあ、いろいろありましたが、
これで、ツアーは終了。
ゆる~く続けていくバンドなので、
来年ツアーがあるかどうかは全く分からないですが、
また、がっつり会いたいですね。

私は来週の水曜に忙しいながらも、
ジュンスカ×ユニコーンに行ってきますけどね。
あ、行きたい方、まだチケット余ってますよ~。
[PR]
by favorite-music | 2011-10-21 01:23 | I Love UNICORN♪