大輪の花 music714.exblog.jp

とりあえず、9月、10月は何かとバタバタ。ユニコーン、次はいよいよ地元関西だー!


by favorite-music
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
行ってきましたー。

の前に、
ブログ更新するのめっちゃくちゃ久しぶり。
キュウソネコカミの四国旅も、
楽しかったんだけどなー。
全然書き残せてないし。

でもとりあえず、
トライセラのDINOSAUR ROCK'N RALLのことは、書き記しておきます。
色々あったんで。
しかし、このイベント。
6回目のときは、二日間とも行ってたのにねー。
今回は、
基本ワンマンショーの2日目のみ。
1日目は、
ユニゾンスクエアガーデンと対バンでしたが、
2日目のシークレットゲストやいかに?
a0086973_00050656.jpg


ということで、ライブ。
会場にわりとギリギリに着いて。
実はチケットが未着だったので、
スタッフにご迷惑をおかけしつつ、
なんとか中に入る。
最初は真ん中くらいにいたんだけど、
結局は和田唱側へ。
こっち久々だったんだけど、
これがまた(笑)。

ライブは、
割と古めの曲が中心。
セトリはたぶん、
こんな感じだったと思う。
抜けがあったりしたらごめんなさい。

Party
あのねBaby!
FUTURE FOLDER
2020
シラフの月
スターライト スターライト
Silly Scandal
Happy Saddy Mountain
虹色のレコード

平井堅登場
トライセラのif
平井堅のPOPSTAR

GREEN
Raspberry
Going To The Moon

アンコール
Fever

個人的には、
シラフの月
のアレンジカッコ良かった。
あと、GREENと2020も。
Fever、も久々だっね。
1曲目から3曲目までの勢いがすごくて、
一気に引きこまれた感はある。

そして、お分かりのように、
シークレットゲストは
平井堅。
これ、予想してた人多かったのかなー。
会場でちらほら、
POPSTARの振り付けをしてる人がいたね。
とにかく、
彼が出て来るまでのフリが長くて(汗)。
和田唱のピアノで虹色のギターを演奏したあとだったんだけど、
最初に、
山崎まさよしのモノマネを3人がしだして、
まさやんがゲストか?と思いきや、
不意によしふみさんが、
そういえば、唱は小田和正さんと仲良いよね。
といいだす。
そしたら、和田唱が
オレ、和田さんのモノマネ得意よ。
と歌い出すも
(ちなみに、彼が歌う前によしふみさんと林くんもフリで小田さんのモノマネさせられて?ます)、
その歌声がまさに平井堅。
ま、そこでほぼバレてましたね(笑)。
で、
よしふみさんが、今の声唱じゃないよね
というと、
また和田唱が
オレだよー
と小田さんのモノマネ始めるんだけど、
今度は、和田唱本人の声。
え?今のさっきと声が違うよね??
ってなって、
最後にもう一回、
和田唱が小田さんのモノマネをしたら、
やっと平井堅本人が歌いながら登場した。
長い!
なんなん?
この二重にも三重にもしかけられたトラップは?(笑)。

平井堅、ミスチルの桜井さんが出たのを知ってて、
このイベントに自分も出たかったのだそう。
悪いけど、
トライセラの3人とか全然オーラが違うわー。
そして、
さんざん和田唱がMCでマネしてた、
ちくしょー、会いたい♪
も、ご本人が披露してくれましたね。
ずっとMCでやり続けてて良かったね016.gif

平井堅はこの2曲のみで、
アンコールには出てきませんでした。
なんか、忙しそうでバタバタ帰って行ったもんなー。
残念。
a0086973_00252628.jpg


まあ、そんなこんなで
セトリ的にはわりと満足!
ただ、これは翌日に会った友人とも意見が一致してんけど、
東京の和田唱側とて、
和田ガールがすごいきゃーきゃーしてるねんな。
私、あんまり周りがきゃーきゃーの経験なくて。
この時は、
みんなが目を💟にして和田唱を見てたから、
すごいなーと(汗)。
彼の言うことには爆笑してたしね。
愛されてますね。
そんな方々に支えられてるんだと思いますが。

あーあと。
アンコールで日比谷野音の発表もありました。
これは単純に嬉しい。
前回は行けなくて、
その時のDVDを何度も何度も見てたのに、
メンバーがギクシャクしてる時のライブだった、というおまけ付き。
今度こそ!
ベストなトライセラが見たい!!
から、絶対行きます。

が。
20周年の後半を制作活動に費やして、
ライブ活動しないというのは、
私は納得できないなー。
普通は、今年アルバム出すもんだよね。
計画制なさすぎ(>_<)。
ま、
活動の仕方はバンドそれぞれですけどね。
私的には、
なんだかなーでした。

〜おまけ〜
それで、
私の東京旅は終わるはずだったんけど、
友人が翌日東京に来るっていうか、
せっかくならランチ食べようってことになって。
私は大阪に帰るつもりだったから、
その前に会ってたいとこからもらった、
でっかい紙袋を持ってたし、
うどんとともに、
瓶ビール一本と生ビールを飲んでた。
ら、友人が行こうとしてるライブが
なんだかイタリアンフレンチのお店であるということで、
当日券もあるし、
行こうということになる。
それからチケットとホテルを予約して、
ライブへ。
それが、TONE NIGHT
とてやつ。
音楽事務所TONEの13周年のイベントだったんだけど、
大地くんがグッドライクヘイワで出てて、
いつもよりたくさんしゃべってたり、
いつもより口笛吹いてたりして、
新鮮だった。
くるりの佐藤さんも、
高田漣さんとバンドで出てたし。
ラストは、
リトルクリチャーズ。
いつもは私があんまり見に行かないメンツなんで、
いろんな発見がありました!
そこの社長が、
プロレスのマスク被ってMCをしてたりして、
清水音泉やプラムチャウダーのニオイがしたんだけど(笑)。
それが結構面白かったなー。

その後に食べた肉。
んまかった\(^-^)/。
a0086973_00252787.jpg






[PR]
# by favorite-music | 2017-03-20 22:36 | 音楽音楽 | Comments(0)
ブルエンが終わり、
いったん友人と別れて、
私は次のライブへ。
a0086973_16572254.jpg


☆Sumika☆GALAXY STAGE
友人がツイッターで良い、
と言うのをみて、
ちょっと気になってたので、
行ってみたんやけど…。
すごい人人人!
会場に入るのに、
めっちゃ時間かかった014.gif
曲は全然知らんかったけど、
ボーカルくんの声がは好みやった。
あと、
ボーカルや曲はちょっと甘い印象やのに、
MCはガテン、な感じやねんな。
そのギャップがいいのかも。
2017年、注目してみよー。

☆ユニコーン☆ EARTH STAGE
この日の大本命。
前の湘南乃風が終わってから、
速攻前に。
10列目くらいで見れたかも。
ただ、次がドロスだったんで、
ドロス目当ての女子がすでにたくさんいて、
パンパンやった。
最初、
ツアーのアンコールで流れてたマイケルの曲がかかったから、
ちょっと、うぉー!!
ってなって。
一曲目は、すばやくなりたい。
2曲目からは以下。

頼みたいぜ
エコー
TEPPAN KING
BOYS&GIRLS
大迷惑
Wao!
メンバー紹介
雪が降る街

友人とフラッグ忘れたけど、
まさかやらんよねー
と言ってた、TEPPAN KING
をやったのは意外。
大迷惑のときは、
結構、民生が目の前に来てくれて、
大満足❗️
WaO!のときのメンバー紹介も、
ツアーのときのショートバージョン(かなりの)っぽくて。
踊ったり、モノマネしたりはしなかったけど、
パラダイスを思い出して楽しかった!
ラストは、雪が降る街。
前に、新歌舞伎座で民生がソロで演奏してくれたとき、
これ、みんな好きなんやな?
と、改めて知ったわ(笑)みたいな発言をしてたから、
それで演奏してくれたのかなー、
とも。
バンドバージョンも良かったなあ016.gif
民生の
良いお年をー!
も聞けたし。
ちゃんと2016年を越せました(笑)。
ありがとう!
今年も、
ユニコーンでちょっとは活動してくれるみたいやから、
嬉しいね!
30周年やし。
a0086973_16572311.jpg


そのあと、
友人と女子っぽくジェラートを食べて、
私はくるり。
友人は、くるりの途中で帰りました。
翌日から、
年越しキャンプだったらしい(汗)。

☆くるり☆GALAXY STAGE。
くるりらしいステージ。
上海蟹の歌と、
スーパーノヴァが聞けて嬉しかった。
ほか、
あんまりセトリわからなくてごめん。
でも、岸田くん楽しそうだったよ。
a0086973_16572413.jpg


ここで、
私のCDJ は終了。
1日だけだと、
なーんかバタバタしてしまったね。
それにユニコーンまで、
見たいのが結構詰まってて。
ユニコーンが終わったら、
なんか成し遂げた気持ちになってしまったので、
トリは見ずに帰ってきました。
朝も、4時起きやったしね。
疲れたけど、
ホテルが千葉やったから、
ラクやったー。

最後に、
別の友人とも合流したんやけど、
こんなカクテルも飲みました。
KEYTALKのカクテル。
コカ・コーラに、ココナッツリキュール入り。
甘い。女子向き。
でも、KEYTALKは酒飲みのバンドやから、
意外にアルコール度数は高いかもね。
a0086973_16572594.jpg



[PR]
# by favorite-music | 2017-01-03 16:21 | Comments(0)
今年は、12/29の1日のみ。
ユニコーンが出る!
ということで、
即決して、
行ってきましたー。

前日まで仕事。
しかも、毎年同僚と仕事の後に
紅白歌合戦という名のカラオケに行っていたため、
家に帰ったのは20:00ころ。
準備はほぼ済ませていたので、
22:30ころ就寝。
翌朝は4時起きで、関空に向かいましたー。

今回は会場が幕張メッセ=千葉
だったんで成田発着のpeachを使ってみたんだけど。
うーん。
やっぱり、飛行機は乗ったり降りたりに時間がかかって、
しんどいかも。
特にpeachは。
しかも、降りてからJRで行ったら近いと思ったのに、
電車が1時間に一本しかないし。
不便極まりない。
結局、京成線でまあまあ時間をかけて、
ホテルのある千葉へ。
これなら、新幹線始発で東京まで行って、
千葉に行った方が良かったなあ。
年末、新幹線高かったからねー。
勉強になったわ008.gif

で、千葉に着いて、
猛ダッシュでホテルを探して
(近くに同じ名前のホテルが2軒あって、紛らわしかった)、
なんとか、正午からのレキシに間に合ったー。
a0086973_16211060.jpg


駅着いてから、わりと順調に進んだからね。
あと、友人が穴場のロッカーを教えてくれて、
それもレキシに間に合った要因かも。
ありがとー^_^。
彼女はいつも要領がよくて、
ちゃんとしてて。
見習わななーと思うけど、
たぶん、
根本的に性格が違うねんなー。
10分くらい前にその彼女と合流し、
無事ライブ。
a0086973_16211179.jpg


☆レキシ☆EARTH STAGE
一曲目から
KMTR645
からスタート。
予想通り、
セイヤくんがイルカに入って出てくる。
やっぱり一曲目やったなー。
間に合って良かった!
あとは、
縄文土器弥生土器のやつと、
狩りから稲作へ
SIKIBU
ラストはキラキラ武士
だったかな?
途中、
ブルーハーツとかドリカムを歌ってくれたりして。
相変わらず楽しかった。

☆スキマスイッチ☆GALAXY STAGE
ほんとはねー。
そのままキュウソネコカミが見たかった。
初アースステージやったしね。
そしてやっぱり、
池ちゃんが飛び入りしてたし(泣)。
結局、隙間に奥田さんは飛び入りませんでした。
そして、
前にCDJ みた時にも思ったんやけど、
スキマスイッチ、
あんまりフェス向いてへんねん。
歌い込む曲もえーし、
歌もまあ上手いねんけど、
フェスではもう少し盛り上がりたい。
でも、イマイチ盛り上がりに欠けるねんなあ。
ラストの全力少年くらい。
あー、残念。

次こそ、フレデリック見ようと思ってたけど、
お腹すいてご飯食べてたら、
始まってて、
また見られへんかった。
ごめん!
WANIMAもメトロックで楽しかったけど、
すごい人やろな?
と思ってやめました。

☆BLUE ENCOUNT☆GALAXY STAGE
ブルエン。
結論から言うと、楽しかった。
田辺くん、倒れて復活してからの初ステージやし、
気合い入ってたね。
もっと光を
の一体感も、
ハンパなく盛り上がったし。
ドラマの主題歌も聴けて、
嬉しかった。
田辺くん、体調良くなって良かったね。
2017年は、
幕張メッセでワンマンするらしいけど、
若手は、
武道館経験したら、
次は幕張メッセなん?
ドロスもするらしいしね。


[PR]
# by favorite-music | 2017-01-03 15:47 | Comments(0)
いやー、久々のブログ更新。
民生と浜崎さんのGACHIも広島まで見に行ったんだけど、
感想かけてないなあ。
この2ヶ月、本当に色々なことがありました。
人間性を、
今までの人生を否定されるようなことを言われて、
落ち込んだりもした。
でも、
そんな私がなんとか頑張って行けるのは、
ライブがあるからなんだよな!

ということで、
新歌舞伎座で行われたパフィーの対バン。
地元なのにチケット取れてなかったんだけど、
ツイッターで譲っていただいて、
幸運にも行くことができました。
レキシも譲っていただいたし、
行きたい、
でもチケットがーっていうライブに行けて、私は幸せです。
a0086973_18024446.jpg


今回は、
もちろんぼっち奥田さん目当て。
久々のソロのライブ、
見たかったんだあ。
ユニコーンの楽しそうな奥田さんも好きだけど、
やっぱりね。
ソロもよいのですよ。

セトリはこれ。
MOTHER
ひとりカンタビレのテーマ
マイカントリーロード
ブルース
雪が降る街
The Standard
トリッパー
さすらい
風は西から

たぶん、合ってると思う。
たぶん、いつもより緊張して酔ってたと思う(笑)。
ギターも間違えてたし。
ステージ上でも、
かなり水割りを召してましたよ。
観客の雰囲気も違ったもんなー。
常にシーンとしてたし、

奥田さんが、
新歌舞伎座っていいですねー。
でもいつか、
なんで「新」やねんてときがくるんでしょうねー。
新幹線も。
次は、何幹線になるんでしょうねー。
というMCにも苦笑
みたいな。

人の曲をと歌った、
川西さんのブルースの時には、
ツアー終わってもう会いたくなかったのに、
また、会ってしまいましたねー。
とdisってましたが、
本当は会えて嬉しいんだよね。

個人的には、
トリッパーからの雄叫び系の曲が大好物。
ただ、ご本人は、
何歳までこんな曲歌えますかね。
歌えなくなったら朗読とかでね、
なんとかしますよ
て。
歌ってくれな困るよー。
酒控えて頑張って。

終始、そんな感じで。
なんとなく所在無さげに終わったのでした(汗)。
最後は、
満足顔で奈落から去っていかれましたよ(笑)。

で、パフィーは、
ファン多いねー。
男子だけじゃなく、女子も。
今回は、
奥田さんしばりなので、
セトリはすべて奥田さんが作った曲。
えーなー。
どれも奥田節やもん。
サーキットの娘
とくするからだ
働く男
が良かった。
渚にまつわるエトセトラ、
は、間違いなく盛り上がるよね。
パフィーファンは、
みんな手首に光る腕輪?
みたいなのつけてて、
パフィーと同じ振り付けをするのね。
でもご本人たちのフリは、
やる気なさそーに見えるんだけど(笑)。

あと、ドラムが川西さんだったんで、
ずっと川西さん見てた。
前の席の男子2人がかなり背が高くて、
その間から見る感じだったんだけど。
ちょうどパフィーの2人と、
その間から川西さんが見えてん。

今ツアーは愛の説教部屋というタイトルで、
みんなでゲストをdisるという企画らしく、
今回は奥田さんをdisるんだけど、
大御所を前に、
みんな口ごもりすぎ(笑)。
もうちょっと、disり聞きたかったなー。
ちなみに、
パフィーが紅白出場決まったとき、
亜美ちゃんが奥田さんに、
まあまあ長文の感謝のラインを送ったらしいけど、返事は
はーい
の三文字のみ。
なんからしいなー。
ライン、好きなくせにね(笑)。

とにかく、
パフィーは総立ちで盛り上がってました。
アンコールは一曲で、
奥田さんも登場して
これが私の生きる道、を。
久々に聞いたけど、
やっぱりよい曲。
ここでパフィーが奥田さんに、
新曲くださいっておねだりしたら、
自分の曲も作ってないのに、
お前らのなんかあるか!
っとおっしゃってました。
確かに、ソロ曲も作ってほしいけどなあ。
でも、
パフィーにもっとおねだりされたら、
先に書いて提供しちゃうんだろうなー。

新歌舞伎座というシチュエーションも含め、
なかなか貴重なライブでした。




[PR]
# by favorite-music | 2016-12-23 17:12 | Comments(0)
行ってきましたー。
半分くらい。
私は、15:00スタートのKEYTALKから見たんだけど、
本当は12:30から始まってました。
Xmas Eileen
Gacharic Spin
藤原さくらは見れず。
すいません。

友人も遅れて来てたけど、
彼女は前日ミナホで朝までライブ見てとから。
しょうがないよね。
ほんまタフ。

しかも、
佐々木酒造のブースも出てたのに。
飲めんかったし。
途中で行こうとしたら、
激混みだったんだよねー。
残念!
a0086973_00082498.jpg


そして、
私のビクターロック祭りは始まりました。
あ、チケット取っていただいて、
ありがとうございました!
まずは、KEYTALKから。

☆KEYTALK☆
桜花爛漫とか、
私が好きな曲は結構やってくれた。
新曲もちょいちょいありました。
巨匠のビール一気飲みも。
ラストは、
モンスターダンスでした。
私はスタンドだったけど、
アリーナな人たち、
結構踊ってました。
良かったねー。
KEYTALK武道館はやったのに、
大阪城ホールは初めてなのは意外でした。

☆スガシカオ☆
セトリ良かった。
楽しかった。
思い出したらまた書く。
バックホーンの栄純さんが、
途中ギター持ってなかったりして、
面白かった。
テンション、上がりすぎやっちゅうねん(汗)。

☆レシキ☆
だいたい、4曲くらいかな。
vキシの曲が多かったかなー。
OTODAMAのちょい短いバージョンだった気がする。
キュウソとの曲、楽しかった。
QQQ、やっぱスキー。

☆星野源☆
とにかく、
会場にいた8割近くが源ちゃんファンだったのではなかろうか?
新曲「恋」のコスプレした人も多数!
曲は、今と昔を合わせた感じで。
好きなSUNが聴けたのは良かった。
確か、
メトロックの時はやらなかったんだよねー。
アンコールは、
恋、でした。


[PR]
# by favorite-music | 2016-10-16 23:51 | Comments(0)
GRAPEVINE×TRICERATOPS。
それぞれの演奏が終わったあとは、
お楽しみのアンコール。
第3部の始まりですな。
a0086973_02011503.jpg


一曲目は、
ローリングストーンズの曲。
メンバーが出てきたとき、
金戸さんは片手にビールでベースを持ってなくて、
佳史さんはドラムじゃなくて前に出てきてたから、
まあ、なんか余興が始まるんやろな
とは思いましたが。
曲中はそのお二人が、
ミック・ジャガーの真似をしながら、
自由に踊りまくる、
という趣向(^_^*)。

田中氏は、
ダイバーシティのとき、
「もうこの茶番見飽きたわ」
って言ってたけど、
この日佳史さんのマイクが色んなところに引っかかってて、
いつもはステージの端から端まで、
ダブルミックで走ってくれるのに、
あんまり身動きが取れなくて、
普段とは違う動き(田中氏にゴン太くんでちょっかいかけたりとか)
が多かったため、
「飽きた思てたけど、やっぱりおもろいわ」って。
アニキと林くんとの、
チューチュートレインも貴重。
そんな中でも、
ボーカルの二人は仲睦まじく歌ってるんですが012.gif

続いて、
トライセラ先攻のときは、
「believe in the light」「NOS」。
これはもう、
田中氏がLisaのパートを歌っていて、
素敵すぎた。
あんだけ飲んでて、
よーあんな声出るよな。
「NOS」はずっと曲名が分からんくて、
やっとスッキリ。

バイン先攻のときは
「ROCK MUSIC」「エレウテリア」。
「ROCK MUSIC」はもう、
とにかくぴょんぴょん出来て楽しい。
そんな曲を、
田中氏が歌うのも新鮮やし。
そして、
「エレウテリア」がねー。
二人とも色っぽくて。
ウットリやった。
和田唱も、
段々とボーカルが良くなってたし。
しかも、二人で向き合ったり、
背中合わせで演奏してくれたりして。
仲良しか!(笑)。

そこでいっつも、
和田唱が今後の予定についてMCするんやけど、
トライセラは11月から年末にかけて、
アコースティックライブのツアーがあるから、その宣伝をしつつ、
「また、来るからよろしくねー」と優しく。
で、
和田唱が「バインは何かないの?」と振ってくれるも、
年内ライブの予定がほとんどないらしく、
田中氏の客へのdisり方がすごかった。
オリックスでは、
和田唱「大阪にはもう来ない?」
田中氏「あー、年末に…」
和田唱「うん、うん」
田中氏「普通に実家に帰るで。君らの顔見ることはないねん。ざまーみろ(汗)」
みたいな(苦笑)。
あと、客への年寄り発言ね。
でも、来年よろしく
って言ってたから、
ちゃんと20周年してくれるっぽい!
トライセラは年末ツアーあるけど、
来年はどうなんかなー。

そんなdisる田中氏を、
和田唱は優しくフォロー。
案外大人。
ある意味、
和田唱が3部を取りまとめてらっしゃた印象。
つーか、
田中氏は基本酔ってるから(汗)。
でも、
ダイバーシティのときはアンコールで、
ビール持ってなかったんだよな。
珍しい。

ラストは、
田中氏が決めたという
ポール・マッカートニーの曲
「Maybe I’m amazed」。
これもまた良し。
どの曲だったかな?
バインの曲の時だったかな?
林くんがテルミン弾いてて、
それも貴重なお姿でした。
林くんも、ライブを楽しんでたね。
ぴょんぴょんどころか、
チューチュートレインやからなー!

個人的には、
グレイプバインで最初の熱が上がって、
次にトライセラのキャッチーな曲たちでさらにテンションが上がり、
第3部へ。
という流れが好みでした。
何となく今回の対バンは、
トライセラがバインの胸を借りた
(まあ、もともとこの企画を始めたのがバインということもあり)
という印象でしたが、
バインにとってもよい経験だったのでは?←上から目線すいません。
だって、
いつもならMCもほとんどなく。
曲をひたすら演奏してライブが終わるけれど、
和田唱が、林くんが、佳史さんが、
田中のお茶目なとこや、
バインの楽しいとこ、
いっぱい引き出してくれたもんね。
田中は終始照れ気味でしたけど。
別々に見てると、
正反対のバンドのように見えて、
音楽に対する姿勢とか、
根本は似てるのかも。
同じ時代を、
生き抜いてきたバンド同士だもんね。

しかし、
今回のライブでファンになってくれたトライセラのファンの方が、
いつものバインのライブを見たらどう感じるのかもちょっと気になるところ。
でもまあ、
ビクターに移籍してからはいい感じやからな。
トライセラみたいにぴょんぴょんしないので、
腰は痛くなるから気をつけて!(笑)。

そういえば、
ダイバーシティのライブのとき、
近くでダンスのイベントみたいなんやってて。
周りにバリピが溢れてて大変やった。
しかも、
行きにショッピングモールを歩いてたら、
火災報知器鳴ってたし。
まさかのほんまになんかあって、
閉じ込められたらどうしよーと思って、
必死で溢れるパリピの間を抜けて、
会場に向かったなー。
何もなくて助かったわ。

ほんまに、2回行って良かった。
また、思い出したら書きますね。
[PR]
# by favorite-music | 2016-09-26 10:00 | 音楽音楽 | Comments(0)
今、話題?の
GRAPEVINEとTRICERATOPSの対バンに
行ってきましたー。
2回。
a0086973_00512880.jpg


IN A LIFE TIMEの企画はもともと、
バインの2ndアルバム、
LIFETIMEのアルバム再現ライブから、
スタートしてるはず。
もちろん私は、
バイン史上、
最も売れたと言われてるアルバム「LIFETIME」も好き。
一番人気の曲
「光について」も入ってるしね。
で、
1stの「退屈の花」は、
個人的に「愁眠」がめちゃくちゃ好きで、
この曲を生で聴ける!
というだけで、ワクワクしてた。

TRICERATOPSは私がハマったのが、
3rdアルバムからだったんで。
1stはこのライブの開催が決まってから、
友達にもらって聴いた感じ。

それぞれの第1部2部のセトリは以下。
ライブはその日その日で、
先攻、後攻が変わる。
オリックスは、トライセラが先攻。
ダイバーシティは、バインが先攻。
どちらのバージョンも観れてとても良かった。

GRAPEVINE「退屈の花」
1.鳥
2.君を待つ間
3.永遠の隙間
4.遠くの君へ
5.6/8
6.カーブ
7.涙と身体
8.そら
9.1&MORE
10.愁眠
11.熱の花

アニキのギターから始まる「鳥」で、
ちょっとゾクっ。
一気にステージに引き込まれる。
いつもはほっとんどMCのないバインだけど、
今回は、
アルバムについて少し語ってくれたね。
バインにとっては、
非常に大人びた1stではあったらしい。
でも、
歌詞には20代の頃の初々しさや、
憤りなんかが詰め込まれてるんだって(笑)。
だからかな?
今聴くと、歌詞はまああれやけど、
曲自体はわりとしっくり来るような。
1stは、西原さんの曲も多いのよね。
個人的には、
今より恋愛寄りな歌詞の気がして、
「君を待つ間」や「遠くの君へ」など、
前半はちょいときゅんとする。
でもなんか、
待ってたり、遠くにいたり。
切ないな。
「6/8」「涙と身体」もカッコイイ。
ピンクの照明が田中氏にあたった時には、
もうなんとも言えず艶っぽくて。
目が離せんかった。

「I&MORE」は、
矢野顕子さんの「ひとつだけ」にインスパイアされて作った曲。
田中氏なりの解釈なんかな?
歌詞が女性目線やしね。
そして「愁眠」。
これ、あんまり人気ないの?(笑)。
私は、
あの曲の持つ雰囲気がめちゃめちゃ好きやねんけど。
そしてちゃんと、
「熱の花」も演奏してくれた。
アルバムに入れた時には未完成で、
後々完成した曲。
だったのに、
この曲こそまさに今のバインらしい。
演奏するうちに曲が段々と熱を帯びてきて、
Zeppのときはちょいと、
身動きとれんかったくらい。
くぎ付けやった。

TRICERATOPS「TRICERATOPS」
1.Two Chairs
2.彼女のシニヨン
3.オレンジライター
4.ロケットに乗って
5.復刻ジーンズ
6.Raspberry
7.Star Jet
8.プレゼント
9.アイ・ラブ・エスカレーター
10.My SkywalKer's T-Shits

うーむ。
突貫で予習したから、
当時はあーやったなー、
という思い入れはあんまりなかったけど、
やっぱり和田唱は、
言葉の使い方が上手い、
というか彼らしい。
シニヨンとか、
ライターとか、
プリクラのシールとか、
ジーンズとか、
エスカレーターとか。
日常に普通にある言葉たちなんだけど、
和田唱に使ってもらうと、
なんかキラキラしてくる049.gif

全曲をそのまま演奏すると、
39分くらいで演奏が終わってしまうらしく。
1時間尺をもらっているので、
足りない分はMCでカバー。
そこも、トライセラらしい(笑)。
オリックスのとき和田唱は、
やたらと三階席を気にしてましたけど。
バインと同期だということが、
かなり嬉しい!
というMCも多かった。
乗り物に関する歌詞が多いとも。
←彼女もある意味そうやしって言って、
あまりの会場の引きっぷりにあれ?てなってはったね(T . T)。

あと1stアルバムは、
初期衝動で書いた、
恋愛の曲ばっかりだそうです。
恋愛は今もそうだと思うけど。
今のほうが、
同じ恋愛でも世界はもう少し広いのかな?(笑)。
1stの頃は、
自分の部屋とかデパートとか、
身近なとこばっかりやもんね。
あーでも、
「プレゼント」はやっぱ好き。
彼女の誕生日の次の日にしか会えないから、
切ない恋の歌なんですけどもね(汗)。
同じ切ない恋の歌でも、
田中氏と和田氏のアプローチの仕方が違うのがまた良し。

さて、この後は第3部のアンコール。
続きは次のブログで!

[PR]
# by favorite-music | 2016-09-24 23:53 | 音楽音楽 | Comments(0)
金曜日に大宮でユニコーンを見て、
土曜日にゼップダイバーシティでトライセラ×グレイプバインを見て、
日曜日。
大阪に帰って来てのフライングキッズ@ビルボードライブ大阪。
復活してからのフライングキッズのライブに、
ずっとずっと行きたくて。
このたび、
やっと足を運ぶことができました~。
遠征後だったので、
夜はゆっくりしようと今回は一部のほうに。
席は、左手のカジュアル、ら
ここ、出演者が出てくるとき
まあまあ近いんだよね~。
でも、後ろの方だったから、
握手できる距離でもなかった。
残念(泣)。
でも浜崎さんが出てきて、
こっちを向いて手を振ってくれたときには、
思わずテンションアガって手を振っちゃたなあ(笑)。
a0086973_00464975.jpg


ビルボードでのライブは、
アンコールを含めて1時間30分あるかないかだから、
こじんまり。
私はてっきり、
昔の曲のオンパレードだと思ってたんですけど。
実はそうではなくて、
昔の曲ももちろんあるけど、
復活してからの曲「JOY」や、
新曲もちゃんとある。
やっぱり、
フライングキッズも現在進行形なんだなあ。
NHKピタゴラスイッチの
「ビーだまビーすけの大冒険」
も歌ってくれたし(笑)。

センチメンタルになってたのは、
私だけだったみたい。
「幸せであるように」に続いて、
「我想うゆえに我あり」
「君とサザンとポートレート」
「風の吹き抜ける場所へ」は、
7インチシングルとしての発売が決まっているらしく、
全曲演奏してくれた。
「我想うゆえに我あり」。
懐かしすぎた(笑)。
「君とサザンとポートレート」は大好きな曲だけど、
こうやってシングルとしてカットされるのは、
意外な気がしたな
(と思ったら、ちゃんと前もシングルだった)。
本編ラストは、
「風が吹き抜ける場所」。

アンコール1曲目で、
「ギターボンゴ」を演奏しながら、
グッズ紹介、というコーナーがあって、
そういえば昔、こうゆうのやってたかも(汗)。
そのあと、
ハズせない「幸せであるように」を演奏して、
ライブは終了しました。
この曲、
奥田さんのマツダスタジアムのライブでも聴いたし。
スガ(シカオ)さんのライブでも、
「リスペクトしてるバンドの曲」として演奏してくれた。
〝いい曲〟は、
永遠に歌い継がれていくんやろな。

あと、たぶん
「セクシー・フレンド・シックスティーナイン」
だったと思うんだけど、
私は浜崎さんとじゅんちゃんの掛け合いが好きで、
この曲楽しみにしてたけど。
今回のコーラスのサポートの女子は、
かわいらしい感じの声の人やったから、
「声量が足りんねん!」
と勝手に思ってしまった。
私の記憶は十何年前で途切れているから、
しょうがないことなのかもしれないね。
だって、
じゅんちゃんはもうフライングキッズのメンバーじゃ、
ないんだもん~(涙)。

盛り上がりは、まあ普通(笑)。
ちょっとテレながら、盛り上がる感じ。
できればライブハウスで、
最初から立って見たいなあ、
踊りたいなあと、
いつもは「立つのしんどい」と思ってる私も思った次第。
a0086973_00465007.jpg

この日のメンバー。

次はもう少しちゃんと予習してから行きたいな。
[PR]
# by favorite-music | 2016-09-24 00:35 | Comments(0)
タイトル長っ。
a0086973_23034530.jpg

写真は本文とは関係ありません。

ライブレポなど、
書くこと色々あるんやけど。
三連ちゃんで、
ユニコーンとトライセラトップスとグレイプバインとフライングキッズのライブを見て、
思ったことを。

まず、ユニコーン。
86年に結成して、6年ほどで解散。
2009年に復活して、今に至る。
当時は私も、
やっと色々なライブに行き始めたときだった?←歳がばれる(汗)。
復活してからはもう、
メンバーの仲の良さに拍車がかかり
(オッさんやからね)。
ライブで5人の姿を見るだけで、
ほっこりとした気持ちになる。
毎年活動するわけではないけど、
もう解散はせーへん、
て言ってる。

で、
そのユニコーンと同じタイミングか、
ちょい遅いくらいにデビューしたのが、
フライングキッズ。
ワタシ、
当時ものすごいハマってましてん。
友人には、
あんな癖のあるボーカル、どこがいいん?
とずっと言われ続けてたけど(;^_^A。
でも、彼らのファンキーな曲が好きで、
ライブも楽しかったし。
私のファンク好きは、
ここから始まったと思う。
実は今はいない、
サブボーカルのじゅんちゃんがすごく好きだったから。
今はいないのが残念。
彼らも確か、
解散して復活した組。

で、さらにその後、
1997年にデビューしたのが、
トライセラトップスとグレイプバイン。
普通のライブだとあまり感じなかったと思うけど、
今回は1stアルバムの再現ライブだったんで、
なんとなく90年代当時のことを思い出したりして。
感慨深い3日間だった。
ちょっとね、
気持ちが昔に遡るというかね。
でも、けして後ろ向きじゃない。
彼らは解散、休止はしてないから。
続いてるってことが、
それはそれですごいことだと思う。

それと同時に、
もう一つ感じたのが、
どのバンドも現在進行形だということ。
「昔の曲ばかりやって、新曲を作らないなら復活は意味がない」
といったのはABEDONやけど、
確かにそう。
みんなちゃんと新曲を作って、
今も前に進んでるよね。
某トライセラは新曲作ってないけど(涙)。
一応、新しい試みのツアーはしてるので。
フライングキッズも、
もっと昔の曲連発かと思ったら、
ちゃんと新しい曲があったんやなあ。

やっぱり、
活動していく限りは、
バンドには前を向いていてほしい。
それが例え、
休止や解散という、
悲しい結果を生んでしまったとしても。
昔を振り返ってばかりじゃ、
足踏みばかりしてちゃ、
意味がないと思うのですよ。
前を向いているバンドだからこそ、
私も応援したくなる。

そういえばさ。
トラバインのライブ見てて思ったんだけど、
バインは、
来年の20周年のこと一応ちゃんと考えてそう。
田中も
「(今年はほぼライブは無いけど)来年よろしく」てめちゃ言ってたし。
←毒舌やけど、実は優しいから(汗)。

でも、
トライセラはどうなんでしょうねー。
年に何回もツアーやるのもえーねんけど、
20周年は何かしてほしい。
なんてったって、
20年やからね。
IN A LIFETIMEのパンフで、
ずっと着いてきてくれたファンに
感謝してたやん。

くるりの20周年の精力的な活動を見ていて、
ちょっと思った次第。

がっつり好きやったユニコーンは、
20周年活動してなかったしな。
でもま、
彼らは周年じゃなく年齢やから(汗)。
それぞれ50歳のときは、
さすがに精力的やったね。
やっぱ、
そんな瞬間は必要なんやと思う。





[PR]
# by favorite-music | 2016-09-19 12:00 | 音楽音楽 | Comments(0)
ぼんやりブログの履歴を見てたら、
今日で、
このブログ10周年を迎えてました。
ありがとうございます024.gif
a0086973_23203070.jpg


最近は、
酒の話もほぼなく。
時々熱く、
時々やっつけで(汗)、
備忘録を兼ねて、
ライブの感想ばっかり書いてますが。
このブログはけして、
ライブの感想だけのものじゃないはず!

最近は、
更新を怠りすぎてますが。
これからも、
ライブやライブや
酒や酒やその他のことを、
思うままに書き綴りたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m。

しかし、
よく続いたなあ(;^_^A。
3回目くらいのブログに、
ABEDON←当時は阿部義晴?
の40歳祭りのレポがあった。
そんなABEDONも今年で半世紀。
私も歳を取ったもんです008.gif
[PR]
# by favorite-music | 2016-09-18 23:06 | 日々の出来事 | Comments(0)