大輪の花 music714.exblog.jp

最近、全然ブログ更新できてませんが、温かい目で見守ってください!


by favorite-music
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
モノブライト。
前にいつ行ったっけ?
と考えたら、
2016年の年明けだった気が。
うわー、そんなに経ってたかー。
a0086973_00350805.jpg

で、久々に見たモノブライトのライブは、
ほんまほんまにに良かった!
最初に、頭の中のSOS、から
銀魂の主題歌になっていた
アナタMAGIC
ムーンウォーク
と立て続けに演奏されたことで、
テンションが上がりまくり!!
そして、
やっぱり桃野くんの声が私好みで、
思わず隣の女子に、
桃野くん、えー声やなー
と声をかけそうになったほど(汗)。
←久々の生声で嬉し過ぎた!

そのあと、
ツアータイトルにもなってる新曲
Duosonicもあり。
桃野くんのちょっとエロティックなMCも
冴えてました。
この曲のときに、
新曲で上から見られるのがイヤやから、
そうだ、そうだって合いの手いれてほしいとか。
合いの手の入れ方がおもろ過ぎて😅。

それ以外のMCも。
ホンマに面白かってん。
私の前にいた子は、
崩れるくらい笑ってたからね(笑)。
大阪の人は、うち、
っていうのも不思議
とかも言ってたなー、確か。
あと、
自分のギタリストらしい腕の血管に人気が集まっている話とか←それで、グッズのTシャツ作ったらしい。

中盤のしっとりした曲たちも、
印象的だった。
ぼのぼのする、もほのぼのしたし。
雨にうたえば、涙色フラストレーション
も、じーんときた。
本編ラストは、
空中YOU WAY、だったと思う。
えらいやっちゃ、
でワイワイ盛り上がって、
終了。
今回は、
でーさんのベースが良かったなー。

アンコールは2曲で、
一曲目は踊る脳。
これも、文句なく楽しい。
2曲目ラストは
冬、今日、タワー。
盛り上げるだけ盛り上げて、
しっとり終わるのが、
モノブライト流。

ほんまに、
久々のモノブライトやったけど、
多幸感に包まれるセトリやった。
中盤はしっとりした曲のときも、
全く飽きさせないし。
後半は、めちゃくちゃ楽しかったし。
こんなにいいライブするんやから、
もっともっとライブやってほしいのに、
いつも予定は未定。
うーむ。
モノブライトにとって、
アミューズが窮屈な気がしてしょうがないよ。←違うかもしれんが。
HocoriとかDJとか、
もしかしたらメンバーみんな、
やりたいことをやってるのかもしれないけれど。
モノブライトファンとしては、
モノブライトのライブが見たいんだよー。
東名阪だけじゃなくて、
たくさんツアーしてほしいんだよ。
ワガママやけど。
2017年ももう少しで終わりますが、
また、また会えることを願って。

ほんま、えーバントなんやな
ってことを実感した一日でした。


[PR]
# by favorite-music | 2017-09-25 23:48 | 音楽音楽 | Comments(0)
この時間が長く続けばいいのに。
ライブに行ったら、いつも思ってしまうこと。
でも、この日のGRAPEVINEのライブは、まさにそんな感じだった。

GRAPEVINE ROADSIDE PROPHET
release party
a0086973_00420646.jpg

〜つづくから


[PR]
# by favorite-music | 2017-09-18 23:29 | 音楽音楽 | Comments(0)
いよいよ、クライマックス!
a0086973_17361732.jpg

a0086973_17362088.jpg

☆KOHYOの湯
キュウソネコカミ☆
また、悪いクセが出てしまった。
一曲目から、良いDJだったし、
自分的にはすごいテンション上がってたのに。
最初、周りに圧倒されてあまりノレんかった。
でも、キュウソ次から次へと楽しい曲をやってくれるから。
ハッピーポンコツは好きすぎて、
もうガマンできひんくなった。
ネコフェスで、みんなが聴きたい曲はほかでやる!
って言って聴けなかったハッピーポンコツ。
ほんまに嬉しくて、はしゃいでしまった。
そこからはもう、ね。
弾けまくりましたよ(汗)。

途中、TOSHIlLOWさん、という曲を披露。
もちろん、BRAHMANのTOSHILOWさんに捧げる歌やねんけど、
いい曲やった。
許可が降りたら、ぜひCD化を!
袖で、TOSHILOWさんがどんな表情をしてたのか、
見たかったなー。
私のところからは見れんかってん。
でも、ニコニコしてたというウワサ(笑)。

四球星につなぐ、というキュウソの思いが伝わってきて、
すんごい良いライブでした!
a0086973_17372094.jpg

☆ジャパンの湯
四球星☆
SET YOU FREEテントから始まったバンドが、
今年の大トリ。
感慨深い。
いつもOTODAMAは感慨深くて、
私を感動させる。
なので、北島くん以外のメンバーは、
SET YOU FREEテントからステージへ。
これが、意外にグダグダやったね(笑)。

そこからは、
もう四球星のオンステージ。
2曲目くらいに、
すでにMr.Cosmoで、UFO呼んでたからね(笑)。
四球星の色んな要素が、
いっぱい盛り込まれてて、
楽しかった。
うん。
終わってもいないのに花火が上がったり、
オトダマーチも良かったし。
最後は、みんなで
WOW WAR TONIGHTを大合唱。
って、これが本編ラストやからね。
人の曲で終わるって(笑)。
それも、四球星らしいのかなー。
私の横にいて、最初戸惑っていたお兄さんも、
最後は笑顔で歌ってた。
もう、あの瞬間、あの場所には、
楽しい感情しか、なかったんじゃなかろうか?
a0086973_17370030.jpg

コミックバンドと自ら言うことで、
色々大変だったと思う。
でもそれを貫いてきたからこそ、
今がある。
ほかのバンドにはない、魅力になって、
メジャーデビューにも繋がったんやね。
ほんまおめでとう。
これからも、
四球星は四球星のままで。
出会えて良かった。
あんまり、
ライブレポになってないけど。

あと、これはTOSHILOWさんがライブのMCで言ってたこと。
TOSHILOWさんが主宰する東北でのライブ。
出演依頼のメールをしても、
無視するバンドがいる中、
四球星は何回も東北にライブをしに行ったんやって。
だから、四球星が大トリを務める今回のOTODAMAに、
BRAHMANは出てくれたらしい。
フェスには、色々なカラーがあっていい。
でもその中で、
BRAHMANとOTODAMAは、
私の中でイコールにはならなかった。
そんな逸話があったから、
出てくれたんやね。
素敵やー。
一度出てくれたことで、
TOSHILOWさんも、
OTODAMAを好きになってくれたら、
嬉しいね。

話長くなるけど、
私個人的に、オレオレ系、
いわゆるパンク的なバンドが苦手で。
でも、若いバンドはみんな、
TOSHILOWさんや細美さんに憧れてる。
その理由がね、ソーラーブドウカンにも行くようになって、
やっと最近分かってきた気がします。
人は見かけじゃない!(汗)から、
あんまり垣根を作るもんじゃないね。

ということで、
私のざっくりOTODAMAレポ終わり。
また、来年泉大津フェニックスでお会いしましょう!!
a0086973_17374589.jpg


[PR]
# by favorite-music | 2017-09-18 16:54 | 音楽音楽 | Comments(0)
OTODAMA2日目。
この日、行きから順調。
着いてシート敷いたら、丁度打首獄門同好会が終わって、
バックドロップシンデレラ?が、
スーパー露天風呂に向けて大行進してゆくところに遭遇。たぶん(汗)。
a0086973_20532072.jpg

私はまず、ご飯とビール。
初めて、ヤム亭食べた。
確かにうまっ。
a0086973_16271175.jpg
最初にいた場所が詰まってきたんで、
後ろのスペースあるほうに移動したんやけど、
後ろの団体が私がいない間に、
私のシートを勝手に動かしてたりして、
ちょい感じ悪かった(汗)。
ま、気を取り直して。
ライブ、ライブ。

☆KOHYOの湯
フラワーカンパニーズ☆
フラカン、久々な気がする。
一曲目は、ロックンロールかな?
噂に聞いてたハイエースがもう良すぎて!
ほんま、いい曲やったー。
泉大津の曲をやってくれるかなーと思ったけど、
ラストは真冬の盆踊りでした。

こっから、夜まで暇なんだよね。
なんとなく、銀杏BOYZ見て、
峯田さんすごい迫力やな、
と思ってるうちに、
この日別に来てた友人とちょい合流。

で、よなよなの公開収録に参加。
これ、楽しかったねー。
ゲストは、ライターの兵庫さんと、
THE STARBEMSの日高さん。
日高さん、ビークルでデビューする前は音楽事務所で裏方で働いていたそうで。兵庫さんもロッキンオンジャパンにいたから、
その辺りの裏話が面白かった。
そのあと、セックスマシーンのモーリーと、PANのよこしんも乱入。
よこしん、スイカ割りのためにわざわざ来たのに、
クロックスでくるのは緩すぎるとか、散々突っ込まれ、
挙句、スイカは割れない、というオチ付き(笑)。
なかなか楽しい時間でしたー。
ステッカーももらったし。
この時間、
ちょうどBRAHMANだったんだよね。
OTODAMAで見るBRAHMANにも、
興味はあったんやけど。
やはり、熱かった様子です。
a0086973_16534671.jpg
あ、そういえば、
モーリーの真夏のWOWOW教室
なるものもちょっと見たんだった。
色んな歌を、WOWOW歌うやつ(笑)。
これも面白かったよ。
横を通っただけだったんだけど、
モーリーが後ろに来てくれたから、
ついみちゃった。

この日は、
あんまりちゃんとライブ見てないなー。
水曜日のカンパネラも、
遠くからざっくり見た感じ。
遠すぎて、
ステージで何をやってるのか
あんまり分からんかった。

クリープハイプも遠くから。
私のシートの前にいた家族は、
めちゃクリープファンでした。
お子さんも、クリープのバンT着てましたよ。

あー、次はいよいよキュウソだ。
よし、前に行かなくちゃ!!


[PR]
# by favorite-music | 2017-09-18 16:22 | 音楽音楽 | Comments(0)
☆スーパー露天風呂
チャラン・ポ・ランタン☆

初めてちゃんとライブ見たけど、
アコーディオンはもちろん、ホーンセクションもいて意外と骨太だった。
もものボーカルが、
コブシがきいて気持ちいい。
逃げ恥の主題歌にもなった曲も良かった。
a0086973_00010799.jpg

☆ジャパンの湯 PAN☆
吹田からきたPAN。
友人から、絶対PAN好きやって!
と言われてたけど、
ネコフェスで一度見たときに、
モッシュがすごくて。
PANあんまりかもーって思ってた。
で、しばらく見てなかったんやけど、
久々に見たら楽しかってん。
見てる間中、
ずっと笑いっぱなしやった。
やっぱり、好みのバントかもしれん。
勧めてくれた、友人すごいわー🤗
前の方は分からんけど、
後ろの方で平和に見れたのも良かったのかなー。
ワンマン行きたくなった。
←でも、ライブハウスは激しそう。
彼らは、
宴会場からいきなりメインステージに、
大抜擢されたらしいですよ。

a0086973_00023039.jpg
この辺りで少しまったりして、
筋肉少女帯見たのかなー。

☆ジャパンの湯 筋肉少女帯☆
大槻氏の自虐的な、
年寄りネタが好き。
50歳を過ぎた俺らに、
こんな暑い時間を任すなんて間違ってる、と大槻氏。
16:00すぎやったけど、
確かに暑そうやったもんなー(笑)。
ダメ人間は、
飛ぶのがしんどいのでリハーサルで(笑)
しんどいので、
座って演奏した新曲もなかなか良かったです。
あと、大槻氏が休むため、
途中でギターの人がボーカルの曲があったんやけど。
着替えた大槻氏が、
となりのKOHYOの湯に顔を出してくれたりして、
楽しかった。

☆KOHYOの湯 GRAPEVINE☆
わー、バインだ。
筋肉少女帯から横にスライドしたので、
まあまあ前に来れた。
この辺りから西日がすごくで、
田中眩しそうやったなー。
でも、楽しそう。
フェスのときは、
いつも楽しそうな表情するなー。
セトリ、詳しく覚えてないけど、
armaから始まって、
Fryかな?
風待ちも気持ち良かった。
ラストは、光について
だったね。
田中の声が伸びやかで、
野外で聴くといいよね。
しかし、
最近のバインのフェスのセトリ、
優しすぎひん?(笑)。
ビクターに移籍してから、
いい仕事してるなー。
露出の具合もちょうどいい。

☆スーパー露天風呂 
Yogee New Wave ☆
何かと話題(汗)のヨギー。
初めて見た。
友人にも、
めっちゃいいって勧められたし。
確かに、
夕方のいい時間帯で気持ち良かった。
なんとなく、
サニーデイサービスのようなニオイもするし。
でもまだ、ハマるまではいかないですね。

a0086973_00015420.jpg
☆KOHYOの湯 UNICORN☆
いよいよきたー、ユニコーン。
まあ、この日1番の目的だから、
まあまあ前に行こうと思ったけど、
前の方はバインのときから動いてない様子だったので、
前に行き過ぎず、
適度に見える距離で鑑賞。
バンチの時は服部はなかったけど、
この日は服部始まり。
最初に民生が出てこなかったから、
そうかなーと思ったけど。
そっから先は、ほかのフェスと一緒。
もうちょっとなあ、
セトリ変えて欲しかったけど、
夏フェスは固定してましたね。
民生が、
この景色久しぶり!
と懐かしそうに言ってくれたのが、
嬉しかった。
民生の中でも、
オトダマが思い入れのある
フェスになっているといいなー。

はー、だいぶきた。

☆ジャパンの湯 フレデリック☆
ずーっと縁がなくて、やっと見れた。
曲もそうやけど、
歌詞の言葉の選び方が絶妙やな。
私はやっぱり、
曲より歌詞優先で聴いてしまうねんなー。
言葉は苦手やけど、好きやねん。
曲もくせになる感じやから、
何度かライブ見たらハマるかもしれん。
双子やから、2人の声の相性が抜群。
ゆえに、コーラスが良かった。

☆ジャパンの湯 POLYSICS☆
この日のトリ。
私はそんなにハマらんと思うけど、
気合い入ってた。
彼らも、20周年なんやなー。
ベースのフミさんのコーラスが素敵。
アンコールはなくて←たぶん、アンコールを含んだ時間の本編
それでも、満足できる内容だったよ。
一緒に過ごした方は、
ハヤシが早口で、
何歌ってるか分からんかった、
って(笑)。
確かにー、言われてみればそうかもね。
トイス!

これにて、1日めは終了。
行きからかなり大変だったし、
明日もあるのでこれで帰ります。
長くなってごめんなさい🙏。
2日目の様子はまた!
2日目も、かなり感動しましたよ。



[PR]
# by favorite-music | 2017-09-04 23:42 | 音楽音楽 | Comments(0)
ユニコーンが出る!
ということで、今年も行ってきましたー。
昨年は池ちゃんというか、
レキシしばりだったけど、今年は
9/2が
夏フェスOR DIE!!!編で、
結成20周年のPOLYSICSがトリ。
9/3が
夏フェスというボケ編で、
結成15周年でメジャーデビューした
四球星がトリ。
もちろん今年も、両日とも参加。
四球星がトリって、
なんか感慨深いなー。
清水さんはストーリーが大事!
って言ってたけど、
ほんとにそうだと思う。
私も13年間音泉魂に通って、
そのストーリーを断片でも知っているから、
色々と感動するんだと思う。

四球星やキュウソ、フラカンほどじゃないけど、
ユニコーンも、というか、
奥田さんにだってストーリーはある。
例えば、
清水音泉の名刺の文字は奥田さんだったり、
OPKINGで出てくれたり。
台風で音泉魂が中止になったかわりに、
無料でライブしてくれたり。
優しいんだあー。

ということで、音泉魂。
1日目。
11:00からの岡崎体育を見たかったし、
オフィシャルグッズも欲しかったから、
開場時間に間に合うように出たのに。
なんと、南海電車が人身事故で動いてない!
難波駅で動くまで待つか、
行けるところまで行くか、
で、後者をとった。
和泉府中までJRで行って、
路線バスかタクシーに乗ろうかと。
バスは無理としても、
タクシーどっかで拾えるかなーと思ったら、
これが甘かった(汗)。

和泉府中の駅では、
路線バスもタクシーも大行列。←そりゃそうだ。
泉大津駅まで徒歩で30分くらいだったので、
向かいつつ、タクシーを探すが見つからない。
走ってても、断られたりする。
後でタクシーの運転手さんに聞くと、
みんな駅に戻るよう言われていて、
拒否ってたらしい。
途中で乗ってもえーやん!
歩いていたら、
ユニコーンファンの方に、
一緒にタクシーに乗りましょう、
と声をかけていただき、
つかまるまで一緒に歩くことに。

なんとか手前で見つかって、
会場に直接行けたから良かったけど。
これ、泉大津駅まで歩いて、
そこからシャトルバスに乗ってなんてしてたら、
大変だったよ。
また、2人だったからね。
何とか歩けたところもある。
お互いぼっちだったので、
一緒にシートを敷いて、
ライブは別々だったけど、
色々お話して楽しかった。
だって、
話せば話すほど、
趣味が似てるんやもん(笑)。
a0086973_00331773.jpg


お昼過ぎに何とか会場に到着。
グッズもまあ、サイズはちょっとなくなっていたけど購入し、ホッと一息。
OKAMOTO'Sを聴きながら、
ご飯を食べることにする
だって
朝食べずに出たんで、
お腹空いたんやもん(笑)。
まずはエネルギー補給しないと。
ビールもふくめて、ね。
a0086973_00331892.jpg


音泉魂といえば、
毎年温泉しばりでステージを作っていて、
メインが大浴場、サブが露天風呂。
だったのに、
今年はなぜかスーパーしばりになっていて、メインが
KOHYOの湯とジャパンの湯、
のツーステージになってた。
関西では言わずと知れたスーパーの名前ですが、
ギリギリまで、名前を使う許可をいただけてなかったらしいです。
ボケ、かもしれんけど(笑)。
露天風呂はスーパー露天風呂になってて、
屋根付きに。
なんか、豪華な気分。
私、露天風呂結構好き。
夕方、気持ちえーねん。

あー、だらだら書いたけど、
まだライブ全然見てないっ。
逃げ恥とミスチルのライブでちょっと興味を持ってたんで、
まずはスーパー露天風呂で、
チャラン・ポ・ランタンを見ることにする。





[PR]
# by favorite-music | 2017-09-03 00:00 | Comments(0)
フジファブリックの若者のすべて、
で、ホロリときてからの
ペトロールズ。

ペトロールズ@Tube riding
ちゃんと見たの初めて。
いやー、音がオトナ。
カッコイイ。
けど、野外の暑い時間帯じゃなくて、
バーみたいなところで、
酒飲みながらのんびり聴きたい。
が、
なんとなく爽やかな風が吹き抜けるような気がするのは、気のせいか?
a0086973_18424275.jpg
sumika@Lunkuul hill
ビルボード以来のsumika。
ものすごい暑い時間帯だった。
けど、sumika楽しかったー。
一曲目が、めっちゃ知ってるSoda
だったからかなあ。
私は、10分くらい前に行ったけど、
それでもステージ全体が見えるのギリギリだった。
もうそれ以上に、
後ろの後ろまで。ひと
[PR]
# by favorite-music | 2017-08-27 18:06 | 音楽音楽 | Comments(0)
どうしても、どうしても。
ロッキンかワイルドバンチに行きたかった。
それは2年前。
川西さんが倒れて、
民生のひと声で、
夏フェスはほぼほぼキャンセル
(ABEDONや民生は代わりに出演したが)となった。
2016年はツアーがあったから、
川西さんの体調も配慮して
夏フェスには出演しなかった。
そして2017年。
2年前に出られなかったライブに、
ユニコーンで出てくれる。
ほんまは、
2年前に行くはずだったロッキンに行きたかっけど、
どうしても田舎に帰らなければならず、
断念!
ユニコーンの地元に近い、
ワイルドバンチに行くことにした。
うん。
これは半分、使命みたいなもん。
北より西に行ってしまうのは、
関西人の哀しいサガ。

初めてだったんで、1日目に行く、
友人と一緒に行ければ良かったけど。
ミュージシャンの好みがあまりにも被らず(汗)、
1人で参戦することに。
朝、4時30分起きで向かいました。
快適なさくらに乗って、
爆睡してたらあっという間に、
新山口駅に到着。
最初、湯田温泉に宿を取ってたけど、
電車の本数が少ないので気をつけて!
というアドバイスを受け、
前日に新山口駅前のホテルをゲット。
無事荷物を預けて、
シャトルバスで乗り場へ。
ここまでは快適。
バスは渋滞もなく、無事会場に到着。
リストバンドの交換も全く混雑なし。
まだ開場してないしなー。
と思いつつ、せっかくやし、
グッズを買おうとドームに入ったら、えらいことになってる。
a0086973_18060249.jpg


オフィシャルに並んだけど、
そこでも一時間ちょっと。
アーティストは、もっとすごかったらしい。
つーか、
RADWIMPSとWANIMAが、やねんな。
ユニコーンは、まだ(汗)マシなはずやのに、
途中まではアーティスト関係なく並ばなあかんから。
大変なことです。

せっかく、夜ダンで盛り上がって
私のワイルドバンチをスタートしようと思ったのに、
11:00、間に合いませんでした(T_T)。
なので、もう1つ気になってた
THE BAWDIESへ。
BAWDIESでオシャレに盛り上がるのも、
また良し!
で、とりあえずビール飲みながら鑑賞。
a0086973_18060320.jpg


THE BAWDIES@Tube riding
THE BAWDIES、久々。
英語詞なんで、
歌詞重視な私には割とあれなんやけど、
知ってる曲、好きな曲が多かったから、
楽しめた。
曲は、カッコイイしなあ。
あ、えっと最近怪我してたギターのJimくんは、
クララが立ったーやないけど、
ちゃんと立ってギターを弾いてました(笑)。
回復して良かったね。
個人的にスーツバンド好き!
暑そうやったけど。

で、1バンドしか見てへんけど、
早速休憩。
ご飯食べて、英気を養いましょう、
a0086973_18060458.jpg
a0086973_18060446.jpg


食べたのは、
秋吉牛の牛丼と、レンコンのコロッケ。
レンコンも、このあたりの特産品なんだそう。
で次は、ペトロールズに行こかな?
やったんやけど、
ソフトクリーム食べながら、
ちら、とフジファブリックをのぞいたら、
最後に演った、若者のすべて、
で、ちょっと泣けてもた。
[PR]
# by favorite-music | 2017-08-27 17:25 | Comments(0)
四球星の方向性会議は、対バンライブ。
色々なバンドと対バンしてきたみたいだけど、
ファイナルは城野音で氣志團と。
a0086973_23401288.jpg


氣志團、昨年はABEDONの誕生日をいわうために、
自分たちの曲一曲も歌わずに、
アベストテンを仕切ってくれたんだよ。
感謝。
それ以来の氣志團。
エンターテイナーだなー、
やっぱり。
曲はなんとなくどれも知ってるし。
楽しませ上手、
MC上手で素晴らしかった!
定番のワンナイトカーニバルでは、
源ちゃんの恋や、
WANIMAの曲も、
氣志團っぽくカバー。
フリも抜かりなし。
さすがです。
あの特攻服での、
暑い中のライブ大変やなー。
それは、ファンの人もね(汗)。

後攻、四球星。
久々に見た。
前のなんばハッチのワンマン以来やろか?
それ、古すぎかな?
久々の四球星もエンターテイナー。
楽しませ上手なのは、
氣志團と一緒だね。
氣志團のセトリに合わせて、
4パターンもライブ考えてきてたんだって。
その甲斐もあって、
ほんまに元気が出るライブやった。
ワタシ、
そんなに運動会したりできひんけど、
ほんまに元気貰ってるから。
笑って、明日から頑張れそうだよ。

四球星結成15周年。
氣志團結成20周年。
どちらも、
これだけの年数続けるってすごい。
どちらのバンドも、
このまま続けて行って欲しいなー!
[PR]
# by favorite-music | 2017-07-30 23:25 | Comments(0)

5月のライブもろもろ。

最近、ほんまにブログ更新してない。
備忘録として、
ちゃんと記録しとこうと思ったのに。

そんななか、
5月末に三連ちゃんライブ!
というのがあったので、
一応、書き記しておく。

その1
SCOOBIE DO
ツアー「ファンキ”S”トアンサンブル」@梅田Shangri-La。

シングル「ensemble」発売記念ツアー。
実は、札幌で初めてツアーみたけど、
そのときのセトリがものすごい良くて!
というか、
私個人的にすごい好きなセトリやったから、
大阪も楽しみにしてた。
セトリは、
札幌とは若干変わってたかな?
好きだった曲が一曲なくなってたのは、
寂しかったかも。

でも、高まるセトリなんは間違いない!
またまた、
変な場所を陣取ってしまったんで、
少し見にくかったけど、
近いのは近かったです。
ensembleも、ええ曲やしな。

その2
TRICERATOPS
20TH ANNIVERSARY TOUR
ROAR × 20
@大阪BIGCAT

トライセラの20周年の記念ツアー。
うーん。
ちょっと昔のレア曲やったかな?くらいで、
20周年感はあまりなかった。
わりといつも通り。
でも、そこを狙ってるのかもしれんしな。
a0086973_23140094.jpg


今回はなんと、
整理番号が10だったんで、
初めての最前。
最前、緊張する。
MCのときに一瞬、和田唱に
じっ、て見られた気がしたんやけど、
おもろいこと、
なんも言えんかったもんな。
←そこは期待されてない?(笑)。

20周年感がなかったっとはいえ、
もちろん、好きな曲もありました。
あと、脱線しすぎたMCも面白かった。
和田唱が新幹線ギリギリになった話から、
なぜか、給湯器の話になってたね。
なんでやねん(笑)。

あとは、やっぱ最前だと、
佳史さんがものすごく見えて。
いつもは気がつかない表情とか、
仕草とかが見れて嬉しかった。
うん。
佳史さん、いい人やし、
ドラムうまいわー。
激しく叩くところが、
ちょっと川西さんに似てる気がする(汗)。

もう二度と、
最前とかないやろなー。
いい思い出にするわ(笑)。

その3。
sumika camp session
@Billboard Live Osaka

昨年末に、
カウントダウンジャパンで見て。
まあ、片岡くんの声に惚れたワケですよ。
声フェチなんでね(笑)。
あとは、キャッチーな曲もわりと好き。
だけど、
ワンマンで、狭いライブハウスで
ウェイウェイ言うのは、
若いファンも多いし、
ちょっと躊躇してたところの
ビルボード。
a0086973_23140141.jpg


これが、良かった!
camp sessionっていうのが、
sumikaの中で、
アコースティックなライブやねんて。
アコースティックになっても、
sumikaの曲はキレイやし、
むしろ、
そのほうがじっくり聴けて良かったかも。
ワンマン初が、
ビルボードで正解やったなー。

そして私は今回、
ステージから向かって、
左側の席やってんけど。
ピアノが近くて、
手までちゃんと見えるねんな。
グランドピアノやったわ。
やっばり、音がいい。
ピアノの小川くんは、
最初出てきたときの笑顔が可愛くて。
おばちゃん、
ちょっとキュンとしてしまったわ。
ギターの子も、素朴でえー感じやったね。
あーもう、
前の二つのバンドに比べて若いから、
キュン度が違うのかもしれんな(笑)。

また、ワンマン行ってみたいけど、
ライブハウス耐えられるかな?
そういえば、
ライブ中に質問コーナーがあって、
ホールでやらないんですか?
という質問があって。
まんざらでもなかったから、
近く、ホールでやるかもしれんな。
まあ、できそうな感じではあるよね。
売れるバンドは違うわ。


[PR]
# by favorite-music | 2017-06-03 22:19 | Comments(0)